求人情報の紹介。


by foobird3

12月の有効求人倍率1.00倍 13年ぶり

12月の有効求人倍率1.00倍 13年ぶり

 厚生労働省が三十一日発表した昨年十二月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・01ポイント改善し、企業の求人数が求職者数を満たす一・〇〇倍となった。同倍率が一倍に達したのはバブル崩壊直後の一九九二年九月以来、十三年三カ月ぶり。

 景気と収益の回復で求人が増えるとともにリストラが一巡して求職が減ったことが背景。ただ、求職側に根強い正社員志向を企業側が十分に吸収しきれていないうえ、大都市から離れた地域では依然として求人が大幅に不足するなど、厳しさが残っている。

 このため川崎二郎厚生労働相は同日、北海道、青森など七道県への特別な支援策を講じると表明した。地域の雇用創出策を助成したり、自治体、経済界、労働局で「地域雇用戦略会議」を設けて緊密な連携体制をつくる。


全国的に見ると1倍かもしれませんが、内情は地域格差拡大があるのでしょうか・・・!?
[PR]
by foobird3 | 2006-02-24 16:01