求人情報の紹介。


by foobird3

有効求人倍率が1倍に回復 12月、13年3カ月ぶり水準

有効求人倍率が1倍に回復 12月、13年3カ月ぶり水準

 厚生労働省が31日発表した2005年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前月の0.99倍から上昇し、1.00倍となった。有効求人倍率が1倍を回復したのは1992年9月(1.02倍)以来、13年3カ月ぶり。05年平均は0.95倍(前年0.83倍)となり、同様に92年以来、13年ぶりの水準となった。

 有効求人倍率の1倍は、求職者1人に対して一つの求人がある状態。好調な企業業績を反映し企業の求人意欲が好転、雇用情勢の改善につながっていることを裏付けた。

 また、総務省が同日発表した05年平均の完全失業率は、前年から0.3ポイント低下の4.4%となり、3年連続で改善。完全失業者数は、前年比19万人減の294万人。

 05年12月の完全失業率(季節調整値)は前月に比べ0.2ポイント低下の4.4%で、3カ月ぶり改善した。完全失業者数は前年同月比5万人減の265万人で、2カ月ぶりの減少。


求人倍率が1倍を超え、失業率が低下。この調子で景気が上向いていってほしいです。
[PR]
by foobird3 | 2006-02-24 15:52