求人情報の紹介。


by foobird3

求人数 前年の1.5倍 224人参加で熱気 田辺で企業合同面談会

求人数 前年の1.5倍 224人参加で熱気 田辺で企業合同面談会

田辺市文里のガーデンホテル・ハナヨで7日、一般の求職者と新規学卒未内定者が対象の「企業合同面談会」が開かれた。224人(一般160、学生64)が参加し、会場は求職者の熱気に包まれた。

 同市では今年で3回目となる一般と新卒を対象とした企業面談会で、県地域労使就職支援機構、県、和歌山労働局の主催。

 全国的な景気回復の兆しを受けて昨年より参加企業数、求人数ともに増えた。企業数は約1・3倍多い41社。求人数は約1・5倍の303人。うち正社員の割合は、前年が42・5%だったが、今年は11・3ポイント伸びて53・8%となった。

 参加企業のうち10社が梅干し製造、水産、精密機械設計製造など製造業、31社がホテル、ドラッグストア、情報通信、介護福祉など非製造業だった。

 参加企業のうち、9割以上が県内企業で、最も求人数が多かったのは今月オープンした白浜のホテルで41人。続いて大阪府の業務請負業が40人、御坊市のドラッグストアが34人だった。

 卒業を控えた学生から中高年の男女まで、会場には幅広い年代の人が次々と来場。営業職への転職を希望する印南町の男性(27)は「まだ業種は決めかねているが、思った以上にさまざまな分野の企業があり参考になる」と話し、みなべ町の女性(37)は「以前の事務職とは違う仕事をしたいと思い探しに来た。企業も人もこんなにたくさん集まっているなんて」と驚いた。

 今春、専門学校を卒業するという田辺市内の男性(19)は「希望する事務職の募集は少ない。求職者がたくさん集まっているので厳しそう」と緊張した表情を見せた。

 ハローワーク田辺は、昨年11、12月の管内の有効求人倍率0・53倍に比べ、1、2月はやや上昇するのではないかとみている。

 ただ、近年雇用が増えているパートタイムに関しては「平日の昼間に働きたい求職者と、早朝深夜や休日の勤務を望む企業など、雇用条件のミスマッチが目立ってきている」と話している。


珍しく?正社員率が伸びています。
[PR]
by foobird3 | 2006-02-24 15:48