求人情報の紹介。


by foobird3

塾講師:検定制度創設へ 京都・宇治の小6刺殺教訓に、人格面も評価--07年度から

塾講師:検定制度創設へ 京都・宇治の小6刺殺教訓に、人格面も評価--07年度から

学習塾の業界団体である全国学習塾協会(本部・東京都豊島区)は、塾講師向けの検定試験制度を07年度に創設し、講師の倫理や行動規範も評価基準に盛り込むことを決めた。京都府宇治市の学習塾で昨年12月、児童がアルバイト講師に殺害された事件を教訓に、講師選考に人格面の評価も取り入れ、資質向上をはかる。政府も支援し業界全体に受験を奨励する考えだ。

 検定制度は、全塾協が厚生労働省の外郭団体の補助を受け05年春から準備を進めていた。教科指導の技術向上が目的だったが、事件を受け、法令順守の意識など講師の資質が備わっているかチェックするよう大幅に見直すことにした。

 試験は全国の主要都市で全塾協が年数回実施。まず全塾協が策定した講師の「倫理綱領」や「行動規定」などをもとに半日の研修を行い、研修の理解度や、学力、関係法令の知識を測る筆記試験を行う。

 さらに、受験者から自分の授業をビデオ撮影した映像の提出を求め、言葉遣いや、服装、態度などをベテラン講師らが採点。試験結果に反映させることも検討する。資格は1年で失効するようにして、定期的な研修と適性チェックを促す。

 全塾協は、加盟業者に講師を受験させるよう働きかけると同時に、非加盟の学習塾にも試験を開放する。塾業界を所管する経済産業省も受験を奨励する方針。


塾講師も知識だけではダメです。人格も大事なファクターです!!
[PR]
by foobird3 | 2006-02-17 01:08